--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/12/15

一周忌

今日は ma-ru の一周忌です。
朝ご飯は大好きだったリンゴをあげました(^^)

20111215①

そして、今日のおしゃべり相手はラクダちゃん。

20111215②

この子たちは、日替わりで毎日 ma-ru の話し相手をしてくれる可愛いお友達♪

20111215③

今ここに ma-ru がいたらガジガジしちゃうから、天国にいるからこそ成り立つ
友達関係ですね(笑)

今日はこれから、いつもより豪華なお花を買ってきて飾ってあげようと思います♪



ここから先は ma-ru が天国にいった時のことを、自分のための記録も兼ねて
書いてますので、興味のある方のみ読んでくださいね(^^)

---------------------------------------------------------------------

ma-ru が天国にいってもう1年も過ぎたなんて信じられないくらい
当時のことは今でもハッキリと覚えています。


ma-ru は去年の10月中旬頃からオシッコを漏らすようになり
毎日10回くらい外に連れ出していました。

11月末からは、ときどき貧血で倒れる時みたいにパタッと転んで
呼吸が苦しそうな時がありましたが、1~2分で元に戻りました。

12月に入って倒れる回数が少し多くなりました。

12日はご飯を少ししかを食べてくれませんでした。

13日は鶏のササミを少しだけ食べました。

14日は大好きなものだけを結構食べてくれました。
でも、体のどこを触っても怒りません。耳の中に指を入れても
膿皮症で痛いはずの足を触っても怒りません。
私は、この時はじめて「死」という言葉を意識したように思います。

もともとご飯に飽きてハンガーストライキする子だったし、呼吸の
ことも獣医さんに相談していて「もう16歳だしね・・・心配だったら
連れてきて」と軽い感じで言われていたので、そんなに深刻には
考えていませんでした。
いま思えば、もっと早く病院に連れて行けば・・・と悔やまれます。

15日の午前2時に、14日の夜に食べたササミとヨーグルトを
吐きました。このササミとヨーグルトが ma-ru の最後の食事と
なりました。
3時と6時にお腹を下しました。絶対に家の中で漏らしたく
なかったのでしょう「ウンチが出るよ~ウンチが出るよ~」と
クンクン鳴きながら必死で動き出しました。
追いかけて「いいんだよ、ここでしてもいいんだよ」と言いながら
ペットシーツをお尻にあてると、ma-ru はとても悲しそうな顔をして
私を見ました。

一晩中不安な夜を過ごし、朝一番に、息苦しいため首を上に向けた
ままの ma-ru をドッグスリングに入れタクシーで病院へ行きました。
この時は、嫌な予感はしつつも、病院に行けば大丈夫だと思い込んで
いました。酸素室に入った ma-ru を見て「あ~これで助かった」と
安心しました。そして、これから本格的な介護がはじまり、ma-ru を
どう「看取る」のか覚悟を決める時期がきているのだと、ぎゅっと
身の引き締まる思いになりました

それなのに・・・。

この続きは去年の12月の記事へとつながります。

私が記憶していることは全部書いてありますが、ひとつだけ書いて
いなかったことがあります。それは私が一番後悔していること。
一生の後悔・・・。

あの日、いったん家に帰る事になり、酸素室に入っている ma-ru に
「夕方6時頃にまた来るからね。待っててね」と言ってきたのです。
ma-ru を連れて帰ることになったら車が必要だし、旦那からも一緒に
行くとメールが来たので、病院に遅くなると連絡をし旦那が仕事から
帰ってくるのを待っていました。
6時を過ぎ・・・7時を過ぎ・・・そして、8時5分に夜勤だった担当の
先生から危篤との電話がきました。
急いで一人で電車で行きましたが、間に合いませんでした。

私が6時に行くと言ったから、待っていたのかもしれない。
苦しくて辛くて、それでも私に会いたくて、頑張って待っていて
くれたのかもしれない。
どうして会いに来てくれないの・・・お家に帰りたいよ・・・怖いよ・・・。
そう嘆きながら ma-ru は天国に行ったのかもしれない。

誰よりも、親よりも旦那よりも長く一緒に過ごした私の一番の宝物。
なのに、最後の最後に一緒にいてあげられなかったなんて・・・。
私がちゃんと6時に行ってたら・・・。

今でも ma-ru のことを想うと、悲しみと後悔で号泣してしまいます。
まだ立ち直ることが出来ないでいるのだと思います。
もしかしたら、一生立ち直ることは出来ないのかもしれません。

それだけ ma-ru を愛してたってことなのかな・・・。


かなり、しんみりしてしまいました。
この記事を読んでドヨ~ンとなってしまった方、すみませんでした^^;

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おはよう~。
ma-ruちゃんが天国に旅立ってから もう1年。
ほんと、早いね。
私の記憶では亡くなったのは12/16だと思ってた。
毎日のようにこのブログにお邪魔して ma-ruちゃんの写真も見てるのに 何で日にち間違えてたんだろ(^-^;??

去年のこの日の事は 私もはっきりと覚えてます。
Ustで画像が流れてた…。
ma-ruちゃんが ベットの上で時折manekiinuさんを探しているように
顔を上げて…
manekiinuさんが その度にma-ruちゃんを優しく撫でて・・・・・
その時、そんなに深刻だったとは全然気が付かず。
manekiinuさんがma-ruちゃんを病院に連れて行ったあの瞬間も
manekiinuさんがma-ruちゃんを連れて帰ってきたあの瞬間も
PCの画面を食い入るように見ながら祈ってた自分の事も
私もはっきりと覚えてる…。

あれから1年。本当に早いね。
きっと今頃大好きなリンゴを ムシャムシャ食べてるよ^^
そしてmanekiinuさんの顔をなめに来てるよ^^

旦那様より一緒にいた時間が長かったって聞くと
ほんとに歴史だよな~って思っちゃうね。
今日はma-ruちゃんとの楽しかった日々も是非思い出してください♪

ゆき さま

本当に早いね・・・。

Ustは出かけた時に外から ma-ru の様子を見るためで
それ用にアイフォンも買ったのに、結局アイフォンからは
見れなかったんだよね^^;
今は見れるんだけど、ma-ru のためだったから、なんだか
ちょっと配信する気になれなくて・・・。
あの時は、ゆきさんが見ててくれてたから心強かったよ!
ありがとね。
ゆきさんには何回「ありがとう」を言ったことか・・・。
何回言っても言い足りないくらいだけど、本当に感謝してますe-266

なんて言ったらいいのか・・・・。

いつか来るであろうその日のために
後悔のないようにフックにも小雪にも接していこうと
改めて決意しました。
ありがとう。

ma-ruくんみたいに、うちの子たちも愛情いっぱい注いで長生きしてもらいます♪

フク母 さま

一生残るような後悔になってしまいました・・・。
でも、この記事がフク母さんにお礼を言ってもらえるな
ものだったのなら、本当に嬉しいです。
私も、今いる子達には絶対に後悔のないようにしようと
決意をしました。
大事な大事な家族。お互い長生きしてもらうよう頑張りましょうね♪

あと・・・ ma-ru は女の子ですよん(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは!
今日、全部の過去記事も読み終えました♪
いろいろお話したい事もあるけど(変な事じゃなくて楽しい事ですよん)
『うんうん、わかる~』 て事がたくさんありました。
4わんちゃんだけじゃなくて旦那さんの事も含めて・・・(笑)

ママさんはいろんな事を後悔してらっしゃるかもだけど私もですよ~。
『あの時ああしてれば・・・』て事ばっかりですよ。『時間が戻らんかな?』とか。
でもね、ma-ru ちゃんはママさん家で過ごせてとても幸せだったと思いますよ!
だってこんなに可愛がってもらってたんですもん!
多分、たとえ家でma-ru ちゃんが最後を迎えてても、たとえ6時に病院に行ってたとしても
やっぱり私達は色んな事を後悔するんだと思います。
だから、どうかご自分を責める様な事は思わないで!

残された者はその子の思い出と一緒に生きなくちゃいけないけど
楽しかった思い出もたくさんありますもんね。
ママさんはきっと明るい人だから(ひま子イメージ)
ma-ru ちゃんだってそんなママさんが大好きだったはずですよ!
あまり上手く文章にできない私ですがこの気持ちがママさんに
伝わるといいな~i-236

私、昔からウェスティー可愛いなi-176て思ってて
そのきっかけがある漫画を読んでからなんですけど。。
記事読んで『そうそう、くぼた尚子先生やっ!』 って(笑)
こういう所で繋がってるんやな・・・と思ったのでありました♪

8年前の2月を思い出しました。
うちの子は15歳でしたが、私は絶対死なないって思ってました。バッタリ倒れ息をしなかったときもありました。お漏らしもありました。
ペットシートがだんだん広がっていき、そこにも辿り着けないで、ゴメンナサイって顔をしていたの思い出しました。
だれでも後悔はあると思います。
その分、今の子たちには前の子みたいな思いはさせたくない。絶対、寂しい思いさせない。
それがなによりma-ruの望むことではないかな
辛い思い出は一回(ホント辛いですけど)それよりも楽しかった思い出は何百回ってある。
ma-ru ちゃんの分も3ワンズと楽しい思い出をいっぱい作ってください。

ma-ruちゃん、幸せだったと思います!!
おそらく危篤時すでにママさんの所にいたはずですよ・・・

家の先代も最後の時一人だけ帰ってこない弟の所にいたんです。
信じられない話だと思いますが、全く事情をしらない方が、弟にあなた何か心配ごとありませんか??と聞かれ・・・
背中に白い犬が・・・と言われました。
その後、弟が自宅に戻ってすぐに息をひきとりました。
なのでma-ruちゃんはママさんに逢えていたと思います。

本当に別れは辛いです・・・ あたしも思い出すと涙が出ます。
毎日先代を思います・・・

ママさんもお気持ちよくわかります。
でも、ご自分を責めないでください!!
ma-ruちゃんが一番愛情感じて幸せいっぱいですから☆

ママさんの笑顔が一番うれしいんですよ~(*^_^*)

こんばんは!
最後まで、涙なしでは読めませんでした。
私も、主人とダニエルを家に迎える前に
随分悩みました。
いつかは、必ず来る“死”
でも、それよりも楽しくて幸せなことが
沢山あるんじゃないかなって。
ma-ruちゃんは、本当に幸せだったと思います。
こんなにも愛してもらったんだから・・・。
そしてこれからも・・・。
ずっとmaneki inuさんの心の中に生き続けられるのだから・・・。
私、ダニエルがまだパピーだったころ、よく真剣に喧嘩したこともありました。
今考えると・・・。反省です(^_^;)
ma-ruちゃんは、きっと天国で、ママ愛してくれてありがとうって微笑んでいると思います。

ひま子 さま

全部読んで下さったんですか!!
お恥ずかしい・・・^^;
貴重な時間を使っていただいてありがとうございます。
そして、旦那のことで共感していただいてありがとうございます(笑)

私は、決断力が早い割には、あとでグチグチすることがあり
後悔の多い人生を送ってきたように思うのですが、ma-ru のことでは
取り返しのつかない後悔となってしまいました。
でも、ひまこさんのおっしゃる通り、6時に病院に行ってたとしても
今度は「もっと早く病院に連れていけば良かった・・・」が後悔となって
いたのかもしれませんね。

>残された者はその子の思い出と一緒に生きなくちゃいけないけど
>楽しかった思い出もたくさんありますもんね。

この1年、あれもしてあげたかった・・・これもしてあげたかった・・・
どうしてあの時・・・と、自分に後ろめたいことがあった事だけを
思い出していたように思います。
楽しい思い出はいっぱいいっぱいあるのに・・・・。
今日からは、出来るだけ楽しかった時のことを思い出して
みるように頑張ってみますね!

優しい言葉をありがとうございました。
とってもとっても嬉しかったです(^^)

YUKO さま

YUKOさんも8年前に辛い思いをされていたんですね・・・。

>辛い思い出は一回(ホント辛いですけど)それよりも楽しかった思い出は何百回ってある。

辛い思い出は1回・・・ハッとしました。
ma-ru はこの1回で、とても大切なことを私に教えていってくれたんですね。
私は今まで後悔に心に支配されていてたのかもしれません。
もっともっと楽しかったことを思い出してあげれば良かったと後悔してます。
また後悔してますが、同じ後悔でもこれは良い後悔ですよね?(笑)

ma-ru が命をかけて教えてくれたことを無駄にしないように
今いる子達と楽しい思い出を作っていけるよう頑張りたいと思います!
励ましてくださって本当にありがとうございました<m(__)m>

ちびもこ さま

先代のワンちゃんは弟さんを待っていてくれたんですね。
良い子でしたね(^^)

それにしても不思議な出来事・・・でも、私は信じますよ。
私の父が亡くなった時に、納骨のためお墓に向かって歩いている母に
父がおぶさってきて重かったと言ってましたから、そういうことは
本当にあるのかもしれません。
重くて歩けなくなり座り込んでしまった母は「こんな時に~」と
亡くなった父に怒ってましたよ(笑)

私には ma-ru の姿は見えなかったけど、もしかしたら
私の背中に寄り添ってくれてたのかな・・・。
そう思うと、なんだか少し気持ちが楽になったような気がします。

いつも笑顔でいられるよう頑張りますね!
優しいコメントをありがとうございました(^^)

ダニエルママ さま

私は、小さいころから白いワンコと一緒に暮らすのが夢でした。
テレビで見た可愛い姿に一目ぼれして、やっと夢が叶ったのですが
夢を叶えることばかり考えて、永遠の別れがくることなんて全く
考えていませんでした・・・。
ma-ru は一度も私に屈したことのない子だったんですよ。
逆に私は、ずっと ma-ru に負けっぱなしのダメ飼主(笑)
歳とって寝たきりになり、下の世話をしてあげる時がきたら
そのとき初めて私が勝つわよ!覚悟しときなさいよ~と
笑いながら ma-ru に言ってたのに・・・。
結局、勝ち逃げされちゃいました^^;

楽しくて幸せだった時のことを思い出して頑張りますね!
優しい言葉をかけていただいて本当にありがとうございました。
頑張りますね(^^)

初めまして。。。
やんぴぃさんのところでお見かけしてから
時々 訪問させて頂いていました。
ma-ruちゃんは ずっとママさんのこと見ててくれますよ。
幸せにしてくれてありがとって言ってますよ。
後悔で泣いてると心配しますよ。

私は 母を亡くしたときに 本当に後悔ばかりして 泣いてました。でも 亡くなった後 叔母が「お母さんは幸せだったって言ってたよ」と話してくれて・・・。
義姉も「ごめんねばっかり言ってたら お母さんが悲しむよ。お母さんにありがとうって言いなさいね」と言われました。

人もワンコも一緒ですね。
本当に どんなことが起きても後悔は消えないかも知れないけど いつか 前を向いて歩かないと進めませんもんね。
ママさんが 笑っていたら きっと ma-ruちゃんもお空の上で笑ってくれますよ。

こんなに愛されてたんですもん。
ma-ruちゃんが 辛いのはママさんが泣くことだったと思います。
どうぞ また 元気な笑顔で momoちゃん、leoちゃん、palちゃんと過ごしてくださいね。

temari さま

はじめまして♪
励ましの言葉をかけてくださってありがとうございます。
とっても嬉しかったです!
そして、お母さんのお話しをしていただいて
ありがとうございました。

ごめんねばっかり言ってたらお母さんが悲しむよ・・・
お母さんにありがとうって言いなさいね・・・

本当にその通りだと思いました。
なので、temari さんのコメントを読んで、すぐ ma-ru に
お線香をあげにいき「ありがとう」と言いました。
でも、結局最後は「ごめんね」で締めくくってしまいました^^;
ma-ru は「またかよ~」と呆れていたかもしれませんね。

すぐには無理だと思いますが、ma-ru が天国で心配しないように
出来るだけ笑顔で過ごしていけるよう頑張りたいと思います。
他の子達のためにも・・・。

明日こそは「ごめんね」抜きでお線香あげてみます!(笑)
優しい言葉を本当にありがとうございました<m(__)m>

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメのゆきさんへ^m^

ゆきさんと出会えたことが私の一番の幸せですよe-266

プププッ (*^m^)o==3

サンキューで~す♪(涙目w)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。